【名護】名護海上保安署と県警、北部地区の消防の3機関は9日、名護湾で合同救難訓練を実施した。昨年5月に市源河川や大宜味村平南川で大雨による孤立者が発生し、3者の連携体制の課題が指摘されていた。 訓練は2パターンで実施。一つ目は漂流者を海保のヘリが発見、消防の水上バイクが駆け付け救助するというもの。