4月23日に開館3年を迎えた恩納村文化情報センターに、立ち上げから関わる。入館者が毎年増加している状況に「実はすごいこと」と力が入る。けん引するのが2階の図書館の年間100近い企画展。いつ来ても違う本に出合える工夫に取り組む。 「読書の魅力は、どの時代・地域にも一瞬で行けて、新しい何かを知ること。