県出身者や県系2世・3世が多く住む横浜市鶴見区仲通の通称「沖縄ストリート」。その一角に2003年、スペイン語で“森”を意味する料理店を構えた。メニューを彩るのは故郷沖縄の味と、ボリビアをはじめとする南米料理の品々。「20年以上、森に囲まれて育ったからね。この話をしたら1日じゃ終わらんよ」。