名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸では14日、「K4」護岸建設現場での砕石投入などが続いた。市民は船やカヌーに乗って抗議した。 シュワブのゲート前には、最も多い午前で市民約200人が集まり、資材搬入に抗議した。 搬入と、座り込んだ市民らの強制排除は、それぞれ2回。