【平安名純代・米国特約記者】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設をめぐる代執行訴訟について、谷内正太郎・国家安全保障局長が1日、米ホワイトハウスでライス大統領補佐官(国家安全保障担当)と会談し、近く和解が成立するとの見通しを説明していたことが、9日までに分かった。