沖縄県病院事業局は6月1日から県立南部医療センター・こども医療センター(南風原町)の初診・再診加算料を改定する。

初診・再診加算料の見直し

 他の医療機関からの紹介状がなく同センターに来院した患者の初診加算料を現行の1件当たり3240円から5千円に引き上げる。紹介状がある場合は従来通り初診加算料はない。

 また、同センターから他の医療機関を紹介されたにもかかわらず、来院した患者には1件当たり2500円の再診加算料を新たに設ける。救急患者のほか、生活保護世帯や特定疾患の患者ら公費負担医療の受給者は対象外。

 同センターに集中する軽症患者らを地域の開業医などに振り分け、同センターの高度救急医療や新生児・周産期医療の機能を充実させるのが目的。国の制度改正に伴い、対象が一般病床400床以上の地域医療支援病院に拡大され、同センターが対象となった。

 県立中部病院(うるま市、550床)は2016年10月から同様の加算料を徴収している。