9秒でまるわかり!

  • 人口減に危機感を持つ伊江村は子育て支援金を新年度から大幅拡充
  • 年度内に生まれた第3子に50万、第4子80万、第5子以降に100万円支給
  • 村人口は2月末現在で4701人で、今後も手厚い施策を打ち出す方針

 【伊江】伊江村は、2016年度から村子育て支援金を大幅に拡充する。15年度は第3子以降の出産は20万円だったが、16年度は年度内に生まれた第3子に50万円、第4子80万円、第5子以降を100万円に増額。第1子も20万円(15年度5万円)、第2子は30万円(同10万円)に増やす。

伊江島

 島袋秀幸村長は「人口減が続き、危機感を持っている。村として子育て支援を手厚くする姿勢を示す最初の施策だ。支援金の適正な運用を図り、今後もさまざまな手厚い支援を講じたい」と話した。

 村によると、1960年度以降のデータでは、64年度の8011人をピークに人口は減少傾向が続き、2008年度に5千人を割り込み、ことし2月末現在で4701人。