翁長雄志知事は15日、浦添市の浦添総合病院を退院した。29日ぶりに登庁した県庁で記者会見し、手術で摘出した膵臓(すいぞう)の腫瘍は約3センチで、病理検査の結果、「膵がん」だったと説明。