名護市辺野古の新基地建設で沖縄防衛局が設置した汚濁防止膜が、海底の藻場を広範囲に損傷させている可能性が高いことが15日、分かった。本紙が上空から撮影した写真では「K4」護岸の防止膜周辺に白いラインができ、藻場が荒らされている状況を確認できる。