県労働組合総連合(県労連、穴井輝明議長)は15日、県庁で富川盛武副知事に対し、県発注の公共事業に従事する労働者に賃金を含めた適正な労働環境を保障する「県公契約条例」を実効あるものにするよう要請した。専任職員の配置と、県公契約審議会委員に県労連からの推薦者を任命することを求めている。