小学校の担任教諭が児童生徒の家を訪ねる「家庭訪問」の在り方が多様化している。かつては年度初めに自宅の居間で教諭をもてなしながら懇談することが多かったが、現在は玄関先で済ます学校もあれば、訪問自体を廃止したり、夏休み期間中にずらしたり。