【東京】中川雅治環境相は15日の閣議後会見で、世界自然遺産を目指す鹿児島と沖縄の4島に関する勧告を分析した結果、国際自然保護連合(IUCN)が「現地調査が必要と強い意見を持っていることが確認できた」と報告した。