信じたくない最期を目撃したのは、タクシーの夜勤中に胸騒ぎがし、自宅へ様子を見に戻った時。心を壊した最愛の妻が選んでしまったのは、38歳の若さでの自死だった。