「われわれは日本政府が極めて慎重に検討を重ねた上で決断したと理解している。互いに協力し、代替施設建設計画の着実な履行を期待する」 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設をめぐる代執行訴訟で、日本政府と沖縄県が福岡高裁那覇支部による和解勧告を受け入れた3日後。