【東京】渡具知武豊名護市長は16日、都内で経団連の榊原定征会長らと会談し、経済金融活性化特区への企業進出に対する協力を求めた。市長が経団連トップに直接要請するのは異例。渡具知氏は2月の市長選で安倍政権の支援を受けて当選した。福井照沖縄担当相も同席し、政権を上げた後押しを鮮明にした。