【名護】名護市辺野古沖の海上では12日、新基地建設の作業に伴い設置された、大型ブロックを積んだ船近くのフロートとオイルフェンスの一部が撤去され、陸に引き揚げられた。

海上から撤去され、クレーンで陸揚げされるフロートの一部=12日午前10時45分、名護市辺野古沖

 一方、米軍キャンプ・シュワブのゲート前では同日も早朝から新基地建設に反対する市民ら数十人が集まり座り込んでいる。工事関係車両の出入りはこれまでのところ確認されていないが、市民らは「新基地建設を断念させるまで頑張るぞ」などと気勢を上げた。