前半の嫌な流れを振り払ったのは、琉球キングスの主将、岸本隆一のスリーポイントシュートだった。 前半、リードしながらも相手の緩急を使った攻撃にペースをつかめず、なかなか点差が広がらなかった。伊佐勉監督は「試合の入り方がよくなくて、相手に付き合う展開になった」と振り返る。