球児たちの1世紀 夏の甲子園100回

Cランクの評価が一変 大金星逃すも選抜8強 「豊見城時代」幕開け

2018年5月24日 18:00

 甲子園通算29勝を誇る栽弘義(故人)が初めて甲子園出場を果たしたのは、1975年春の第47回選抜大会だった。豊見城を甲子園初出場に導き、年齢制限で選手登録できない亀谷興勝を「監督」に仕立てて、自身は「部長」としてベンチに入った。当時の豊見城は優勝からはほど遠い「C」ランク。

沖縄 高校野球グラフ2018
沖縄タイムス社
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 47,921

あわせて読みたい

関連リンク

球児たちの1世紀 夏の甲子園100回のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム