【沖縄】越冬のため福島から来県し、「沖縄こどもの国」に滞在していた2頭のアジアゾウのお別れ会が12日、同園であった。職員や来園者らが2頭の安全な船旅を願ってフルーツの乗ったケーキを贈呈、別れを惜しんだ。2頭は17日、福島県の東北サファリパークに向け出発する。

来場者らから贈られたケーキを食べる、2頭のゾウ=12日、沖縄市胡屋・沖縄こどもの国

 トンサイとブントーンの2頭は、昨年12月から滞在。餌やりや背中に人を乗せるゾウさんライドなどで人気を呼んだ。同日は贈られたケーキをあっという間に完食。元気な様子を見せた。

 同園の大宜見こずえ動物園課長は「暖かい沖縄で過ごし、体調もいい。お客さんも毎日ゾウと触れ合えてよかった」と感謝した。

 母親と訪れた宮里莉緒さん(6)=浦添市=は「何回も餌をあげることができてよかった。ゾウ乗りも楽しかったよ」と笑顔で話した。