豊見城市が誤った宅地課税証明書を発行したため、予定していた商業施設が建てられなくなったとして、那覇市にある旅行会社が市に損害賠償請求訴訟を起こした問題。提訴から約2年半を経て今年4月20日、問題の土地を市が1億7千万円で買い取ることで和解する予定だった。