【南風原】町立津嘉山小学校の1年生167人がこのほど、県立南部農林高校=豊見城市=を訪れ、生物資源科が飼育する牛や豚、鶏と触れ合った。同校の教諭が飼育小屋から生まれて間もない子豚を連れてくると、子どもたちは「きゃー」「かわいい」と歓声を上げて喜び、われ先にと小豚の体をなでた。