県地域保健課は16日、中部保健所管内の10代男性が麻疹(はしか)に感染していたことが確認されたと発表した。県内で4年ぶりに3月下旬に患者が確認されてから合計99人になる。 男性はワクチン接種歴が2回あった。感染者と濃厚接触した可能性があるとみられ、同保健所で感染源などを調べている。