【東京】少年ゲリラ兵部隊「護郷隊」や軍命による強制移住と戦争マラリアなどを取り上げたドキュメンタリー映画「沖縄スパイ戦史」の完成披露試写会が14日、都内で開かれた。ジャーナリストの三上智恵さんと大矢英代さんが監督を務めた。沖縄戦を通して、南西諸島への自衛隊配備や特定秘密保護法の問題点などを説いた。