【東京】菅義偉官房長官は14日午前の会見で、米軍キャンプ・シュワブ所属の米兵が女性への準強姦容疑で逮捕されたことに関し「極めて遺憾だ」と述べ、13日に米側へ綱紀粛正と再発防止を申し入れたことを明らかにした。

菅義偉官房長官

 米側からは、仮に米兵が犯行に及んだのであれば「大変残念な事態で深刻に受け止めている。引き続き日本側と意思疎通を図っていきたい」との返答があったという。

 菅氏は事件に関し「あってはならないこと」と不快感を示した。申し入れは外務省の森健良北米局長がハイランド駐日米臨時代理大使へ行ったという。水上正史沖縄大使と沖縄防衛局の井上一徳局長もニコルソン四軍調整官へ申し入れた。