【名護】消費が伸び悩むシークヮーサー商品の販路拡大を考える円卓会議が9日夜、産地の市勝山公民館で開かれた。ジュースなどを作る市内の4社に対し、専門家がアドバイス。効能を科学的に立証し、首都圏や台湾に売り込むことを決めた。 市の地産品販路拡大事業の一環。約70人が集まり、会場を埋めた。