大相撲・両国国技館の土俵「女人禁制」問題が、「わんぱく相撲全国大会」のあり方にも一石を投じている。 小学生男子に出場を限る同大会に女子も出られるよう、浦添市教育委員会が初めて要望した。 7月の全国大会を主催する東京青年会議所(JC)と共催の日本相撲協会は、真摯(しんし)に向き合ってほしい。