2018年度から県立芸大音楽学部教授に琉球古典音楽歌三線の島袋功氏、同講師に琉球舞踊家の神谷武史氏がそれぞれ就任した。実演家でもある一方、教育者として学校現場で琉球伝統芸能を若い世代に伝える意義や抱負を聞いた。