【東京】世界自然遺産を目指す「奄美大島・徳之島・沖縄島北部および西表島」(鹿児島・沖縄)で、国際自然保護連合(IUCN)が「登録延期」勧告を出したことを受け、日本自然保護協会は17日、「IUCNが提起した課題の対策をし、引き続き自然遺産登録を目指すべきだ」とする声明を出した。