家政夫のミタゾノ(QAB=後11・15) 三田園(松岡昌宏)と麻琴(剛力彩芽)は有名デザイナーの千恵子(宍戸美和公)の家に派遣された。そこに広告代理店の男性が、デザインの催促に来る。だが、千恵子として対応したのはデザイナーの卵の一美(佐藤仁美)だった。