繰り返される米兵の事件・事故に、翁長雄志知事は強い憤りを示し、米軍や政府関係者は謝罪に追われた。名護市辺野古の新基地建設をめぐり、国と県の対立が続く状況。裁判で和解後の初協議が23日に設定される中で、県関係者は「政治と絡めるべきではないが、触れざるを得ないのが沖縄の現状だ」と困惑する。