日本ハンドボールリーグ(JHL)男子6位の琉球コラソンは13日、今季最終戦を県立武道館で行い、5位の湧永製薬を28-25で下し、勝利でシーズンを締めくくった。今季16戦を終え、通算成績は7勝9敗でリーグ6位が確定した。 若手主体の布陣で臨んだコラソンはホームの声援を背に、序盤から主導権を握った。