那覇市消防局(島袋弘樹消防局長)は14日、市内のステーキ店で肉を喉に詰まらせて意識不明になった50代女性の気道を確保し、回復させた看護師の具志典子さん(52)=市首里石嶺町=に感謝状を贈った。

感謝状を受け取る具志典子さん=14日、那覇市銘苅・市消防局

感謝状を受け取った具志典子さん=14日、那覇市銘苅・市消防局

感謝状を受け取る具志典子さん=14日、那覇市銘苅・市消防局 感謝状を受け取った具志典子さん=14日、那覇市銘苅・市消防局

 食事で店内に居合わせた具志さんは、苦しそうに首に手を当てる女性を見て「絶対に死なせない」と行動。はき出させるように肩甲骨の辺りをたたくなどしたが取り除けず、最後は喉に手を突っ込んで肉片を除去した。感謝状を受け取った具志さんは「だんだん顔が真っ青になり、途中で意識も失っていた。命が助かってよかった」と話した。

 また、掃除機で異物を吸いだそうとしたが同店にはなかったといい、「おいしい食事の途中で命を失うのはみんな悲しい。飲食店に掃除機を置いていると助かる可能性が上がる」と述べ、飲食店に設置を要望した。

 島袋局長は「人命救助などに一歩を踏み出すには、とても勇気がいる。模範となる行動で救助された人の家族にとってもよかった。今後もまた、勇気を示してもらいたい」と感謝した。