沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍ヘリ、弾薬箱を落下 テキサス州の小学校の屋根 負傷者なし

2018年5月21日 07:07

 【平安名純代・米国特約記者】米陸軍大型輸送ヘリUH60Aブラックホークが17日午後3時45分ごろ、米南部テキサス州エルパソ市のパークランド小学校の校舎の屋根に、弾薬箱を落下させていたことが分かった。負傷者はいない。

 AP通信など複数の米メディアによると、弾薬箱の落下で小学校の屋根に穴が開き、教室部分も破損したほか、一時的な停電も生じた。事故が起きたのは閉校後だったため、児童らへの被害はなかった。

 ヘリが所属するフォート・ブリス陸軍基地は声明で事実を認め、謝罪するとともに、原因などは現在調査中と説明した。

 地元紙エルパソ・タイムズによると、誤って投下された弾薬箱は地元警察と軍が回収。調査では、乗員の操作ミス、あるいは技術系統の故障などによるものかなど事故原因を特定するとともに、飛行経路などの検証も実施されると報じた。

 AP通信など複数の米メディアは、「沖縄では米軍機が小学校に物を落下させた事件が少なくとも3件は確認されている」と指摘。「米空軍は金属製の窓枠を校庭に落下させた」とし、住民らによる抗議や学校側の警戒を高めたなどと報じた。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム