21日は二十四節気の一つ「小満」。沖縄では次の節気の「芒種(ぼうしゅ)」と合わせて「スーマンボースー」と呼ばれ、梅雨の季節を指す。20日、沖縄県読谷村座喜味のやちむんの里ではゲットウの花が咲き始め、爽やかな香りがほのかに漂っていた。

日差しが照り付ける中、花を咲かせるゲットウ=20日、読谷村座喜味(国吉聡志撮影)

 気象庁によると、21日の沖縄地方は南下した梅雨前線の影響で曇り、午前中は一時雨か雷雨の所がある見込み。沖縄本島地方では同日昼前まで、発達した積乱雲の下での落雷や突風、急な強い雨に注意するよう呼び掛けている。