【読谷】ザ・テラスホテルズ(國場幸伸社長)は15日、読谷村宇座で18日に開業する「ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ」の内覧会を開いた。同ホテルズ初の全年齢に対応するヴィラタイプで、石嶺傳實読谷村長らが國場社長とテープカットで完成を祝った。

公開された客室「プレジデンシャルヴィラ」=読谷村宇座の「ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ」

 ウザテラスは同ホテルズ5軒目の施設で、48室すべての客室が独立するヴィラとなっている。敷地面積2万8639平方メートルで、客室は4種類。最大収容人数は169人で、全室にプールが付く。レストランやバー、ジムなどの施設もある。

 また、向かいには1万2292平方メートルの自家農園があり、麦や果樹などを栽培。麦は同ホテルズ内で提供するクラフトビールの原料にする予定だという。

 國場社長は「念願だったヴィラを集積したホテルが完成した。周囲と協力しながら、地域を盛り上げていきたい」と意気込んだ。