一般住宅に有料で旅行者を泊める「民泊」の解禁まで1カ月を切った。 ここへきて目立っているのは、営業日数や区域を制限する自治体独自の規制強化である。 生活環境の悪化といった地域住民の不安を払拭(ふっしょく)することなく、新たな宿泊スタイルを定着させることは難しそうだ。