9秒でまるわかり!

  • 例年3月開催の「沖縄国際映画祭」がことしから4月開催に変更
  • ゴリさん「やっと3月の沖縄が寒いことに吉本が気付いてくれた」
  • 映画祭では特別招待作品の邦画や外国映画などが上映される

 【東京】4月21~24日に開催される「島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭」概要発表が15日、東京都内の吉本興業東京本部であった。那覇市をメーン会場に県内各地で映画、音楽、ファッション、お笑いなどを融合させた多彩なイベントが繰り広げられる。

島ぜんぶでおーきな祭第8回沖縄国際映画祭をPRする映画祭参加の芸能人ら=15日、都内の吉本興業東京本部

 例年3月に開催していたが、ことしから4月開催に変更。会見で司会を務めたお笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリさんは、「やっと3月の沖縄が寒いことに吉本が気付いてくれた。4月は素晴らしい時期だ」と会場の笑いを誘った。

 映画祭では、特別招待作品の邦画や外国映画20作品が上映される(15日時点)ほか、テレビ局と吉本が共同制作した映画や、地域の魅力を盛り込んだ地域発信型映画・CMなども上映する。

 那覇市では恒例のレッドカーペットイベントが2回あり、初日の21日は「波の上うみそら公園」で、24日には国際通りでもある。宜野湾市ではスポーツイベント、北中城村ではお笑いステージやファッションショー、北谷町、浦添市、沖縄市、豊見城市でもイベントを予定している。映画祭実行委員長の大﨑洋・吉本興業社長は「(沖縄が)エンターテインメントアイランドとなるよう末永く見守ってもらい、参加していただければ」と呼び掛けた。