【平安名純代・米国特約記者】米国務省のカービー報道官は14日の記者会見で、米海軍兵が準強姦(ごうかん)容疑で沖縄県警に逮捕されたことについて「深刻な事件であり、われわれも極めて深刻に受け止めている」と述べ、地元警察当局の調査に徹底的に協力する方針を表明した。

 カービー氏は「必要があれば海軍が透明性ある方法で個人の責任を問うはずだ」と指摘。「日本の人々と同じように、われわれは沖縄の人々との関係を真剣に捉えている」と述べた。国防総省のデービス報道部長も「重大な事件であり、深刻に受け止めている。海軍当局が県警の捜査に全面的に協力している」と述べた。