13日に那覇市内で発生した米軍キャンプ・シュワブ所属の海軍兵による女性暴行事件。繰り返される米軍絡みの凶悪犯罪に、県内からは強い懸念や反発の声が上がる。一方、日本政府は再発防止を求めるも、「具体的な動きは何も決まっていない」(外務省筋)と実効性ある対策は見えない。