ジュゴン保護キャンペーンセンターのメンバーらは18日、県庁を訪れ、県が求めている事前協議に沖縄防衛局が応じない場合は「聴聞」をした上で、埋め立て承認を撤回するよう要請した。対応した渡嘉敷道夫基地対策統括監は「どのような事由が撤回の根拠となるのか慎重に検討している」と語った。