県衛生薬務課は18日、糸満市西崎の「坂下水産」でマグロの魚フライを購入し、自宅で食べた4人が全身の発疹や目の充血、下痢などの食中毒症状を訴え、残った食品からアレルギー性の食中毒成分のヒスタミンが検出されたと発表した。南部保健所は食中毒と判断し、同店を18日から5日間の営業停止処分とした。