米軍普天間飛行場周辺の住民約3400人が米軍機の飛行差し止めと損害賠償を国に求めた第2次普天間爆音訴訟の控訴審で、裁判官が騒音や住環境を確認する現地進行協議が18日あった。福岡高裁那覇支部の多見谷寿郎裁判長ら判事3人が、米軍ヘリから窓が落下した普天間第二小学校など7カ所を視察した。