【名護】菅義偉官房長官は19日来県し、名護市内で北部12市町村長らと会談した。仲間一金武町長は個別の会談で米軍キャンプ・ハンセンへの倉庫群移設について「県全体の基地負担軽減と経済振興につながる。受け入れはやむを得ない」と表明。菅氏は謝意を示し、地域振興への協力を約束した。