【東京】公明党の沖縄21世紀委員会(委員長・井上義久幹事長)などは15日、2016年にうるま市で起きた米軍属による女性殺害事件で、遺族に早急に補償金が支払われるよう小野寺五典防衛相に要請した。 事件を巡り米側は、被告が日米地位協定に定める「被用者」に当たらないとして補償に難色を示しているとされる。