○…11月のおきなわ技能五輪・アビリンピックの準備を進める屋比久盛敏県商工労働部長。県内外から選手や企業関係者ら15万人の来場が予想され、「沖縄のものづくり産業をPRしていく」と意気込む。「技術の発展・継承には選手の育成も重要」と強調。