県精神保健福祉会連合会の山田圭吾会長らは16日、県庁に砂川靖保健医療部長を訪ね、精神障がい者を民家の一角などに閉じ込める「私宅監置」に関し、本島北部に現存する小屋の保存や日米両政府に対して謝罪を求めることを県の考えとして表明するよう求めた。