菅義偉官房長官が19、20日の2日間の沖縄訪問を終え、帰京した。主目的は、米軍キャンプ・キンザーの一部返還式典への出席だが、菅氏は経済界や市町村長らとも積極的に面会した。自民党関係者は、今秋実施予定の知事選を念頭に、基地負担軽減と、選挙を戦う「態勢づくり」を兼ねた戦略的な来県だったと分析する。