「沖縄文学」とは何か。20日、宜野湾市で開かれた日本ペンクラブの「平和の日」の集いでは、県内外の作家やジャーナリスト、表現者が沖縄を取り巻く状況や歴史を踏まえながら、沖縄文学の可能性や力を探った。(1面参照) 会長の吉岡忍さんは冒頭、「沖縄における文学をどう考えればいいのか」と投げ掛けた。