差別や偏見には屈しない−。20日に名護市の沖縄愛楽園で開かれたハンセン病市民学会では、全国のハンセン病回復者やその家族、支援者、同じように差別に苦しむ障がい者らが人権回復に向け、連帯の声を上げた。