国土交通省は、バスやタクシー、トラックの事業者に対し、運転手の睡眠状態を乗務前に確認するよう、6月1日から義務付ける。居眠り運転による事故が相次いだためで、睡眠不足が分かった場合は運転を禁止する。

 国の規則では、乗務前の運転手を営業所で点呼する際、病気や疲労、飲酒がないか確認して記録。該当する場合は、乗務させてはならないと定めている。

 国交省は今回、この規則を改正し、確認項目に「睡眠不足」を追加。運行管理者が口頭と目視で運転手の状況を確認する。睡眠不足を知りながら乗務を認めた場合は、業務停止などの行政処分の対象となる。(共同通信)